交通事故の後遺障害の認定の重要性

後遺障害の認定を受けるにはいくつかのポイントがあります。

一つ目は症状の回復が困難だと診断されていることです。
交通事故後、病院へ通ってリハビリや症状回復に努めていると、それ以上の治療を行っても改善が見込めないという状態に行き当たります。
その、改善が見込めない症状を後遺症と呼び、後遺障害の等級認定に必要な症状固定につながっていきます。

二つ目は後遺症が医学的に証明されていることです。
レントゲンやMRIなどの画像で異常が確認できることや、後遺障害があると医学的に推定することができるのか、ということが必要になります。
そのためには通院履歴や治療内容などをもとにして判断していきます。

三つ目は交通事故と障害の間に因果関係があるかということです。
交通事故によって負った障害として認められなければいけません。交通事故以前からあった症状や、交通事故後に事故とは関係ない部分で発症した症状ではないかなど、交通事故との因果関係が確かかどうかを見ていきます。

四つ目は労働力を失っているかです。
仕事に支障が出るような症状が残っていると、事故発生の状況報告書や病院の経過診断書などをもとに総合的に判断がされます。

上記の四つのポイントをすべておさえていることで初めて、後遺障害があると認定を受けることができます。

後遺障害を弁護士に依頼する

もし、後遺症の認定が争点になる、金額的にもかなり大きな金額になる、ということが予想されるのでしたら、交通事故を専門とする弁護士に後遺障害認定について依頼をするほうが有益な場合があります。
個人で後遺障害の等級取得を行うと、知識不足から保険会社からの不利な示談に応じてしまうことがあります。弁護士に依頼をすることで、そのような不利益を回避することが可能になります。
障害認定は今後の生活の大きなポイントとなりますので、法律事務所の無料相談などを利用して後遺障害の手続きについてしっかりと考えてることをおすすめいたします。

多くの法律事務所では、交通事故被害者の慰謝料や後遺障害認定について相談を受け付けています。
後遺症が軽いからとあきらめたりせずに、法律の専門家である弁護士に相談することで、正当な等級取得や慰謝料を受け取ることができます。
また、煩雑な申請書類の作成を手伝ってもらえたり、保険会社とのやりとりを代行してもらえることもありますので、負担が軽くなることもあります。

保険会社は営利を目的としているため、支払う保険金を抑えていきたいというところが本音です。
交通事故の後遺障害認定の実績がある弁護士に相談をすれば、自分が予想していた以上の慰謝料を受け取れる場合もあるでしょう。