後遺障害の手続きをする

交通事故などに遭って治療を受けたものの、その後に自賠責保険に認定されるような後遺障害がある場合、慰謝料の金額などが大きく変わる場合があります。

この際に手続きをしっかり行っておかないと、不利益を受けてしまうことがありますので、できる限り早めに対応をされることをおすすめいたします。
当サイトでは交通事故による後遺障害の認定について解説していますので、手続きを考えている方はご参考になさってみてください。

後遺障害は障害の重さによって等級が細かく決まられています。第一級から第十四級まであり、該当する条件もはっきりと決められています。
特に神経症状に関するものは判断が難しいため、病院での診断をおろそかにしてしまうと思っていたよりも手当の額が低くなってしまうことがあります。
後遺障害の等級認定や手続きについて知らないままにせず、正当な手当てを受け取れるようにしましょう。

後遺障害の認定は提出する書類が多く、事故後の不自由な身体で対応するのは難しいこともあるでしょう。だからといってあきらめることはありません。
交通事故の被害による後遺障害の認定について無料で相談を受け付けている法律事務所もありますので、利用してみるのもいいでしょう。
後遺障害の等級取得は、なにより自分自身のためのものです。等級によって受け取れる金額も変わってくるため、適切な障がい手当・障がい年金の取得ができるよう、医師や弁護士の指示を仰いでいきましょう。